高知大学防災推進センターシンポジウム「災害に立ち向かう新たな技術の動向 -高知大学の取組-」を開催します

2020年1月11日

 令和2年1月11日、高知大学メディアの森6階メディアホールにて、防災推進センターシンポジウム「災害に立ち向かう新たな技術の動向 -高知大学の取組-」を開催します。
 高知県は美しい自然環境と共に、南海トラフの地震・台風・洪水・土砂災害など多様な自然災害のリスクをかかえ、実際に毎年風水害により多大な被害を受けています。その中で災害の予測や被害の低減、災害後の復興のためにSDGs(国連持続可能な開発目標)にも貢献する様々な取組がなされており、本シンポジウムでは主に行政における災害への対策の現状と、高知大学が取組む新たな技術の動向を広く県民の皆様に紹介します。
 その上でパネルディスカッションにより、今後の災害対応に関する本学の技術の開発・研究の方向性を探ります。

防災シンポジウムチラシ.pdf(1MB)

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所