2015年07月17日 JICA課題別研修「総合防災行政B」コースを実施いたします。

2015年7月17日

高知大学は昨年度に引き続き、独立行政法人国際協力機構(JICA)から課題別研修「総合防災行政コース」を受託し、今年度も平成27年8月11日から9月2日まで高知県、東北の被災地、神戸を中心に研修を実施します。
 JICA研修事業は、開発途上国の国づくりを担うリーダーたちを招き、日本の様々な課題解決策を通して、自国の制度つくり、人材育成につなげてもらうODA事業の一つです。
 今回の「総合防災行政」コースは、主に環太平洋地域の開発途上国の防災関係の行政官15名を招き、南海トラフ大地震に焦点をあて、その発生のメカニズム、規模と想定被害状況、国・県・市町村の防災対策について講義と視察、実習などにより理解することを目的に実施いたします。一部風水害対策も含めます。研修コースの最後には、日本で学んだ成果の自国への応用について話し合い、それぞれの研修員が防災対策のアクションプランを作成します。
 高知大学は高知県を始め、県内の自治体、学校、コミュニティのご協力を得て、より実践的で開発途上国の実情に即した研修内容を組むように心がけています。

 

 

お問い合わせ先 : 国際連携推進センター 三木 幸(みき さき)
TEL:088-844-8635 FAX:088-844-8718
E-Mail : jm-mikis●kochi-u.ac.jp (※ “●” を “@” (半角文字) に変えて送信ください。)

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア