【トピックス】高知大学国際研修「インクルーシブ教育実践強化コース」を実施

2019年8月29日

 高知大学は、4月9日から4月26日まで国際研修「インクルーシブ教育実践強化コース」を実施しました。
この研修コースは政府開発援助(ODA)の一環として、独立行政法人国際協力機構(JICA)と本学が連携し実施したもので、当該専門分野の知見と経験を活かした講義や教育現場の視察を通じ、自国で応用できるインクルーシブ教育の強化策を修得することを目的としています。今回、中南米11カ国からこの分野に携わる行政官および現職教員18名が研修員として参加しました。

 研修は日本のインクルーシブ教育の専門家による講義を通して、日本のインクルーシブ教育および特別支援教育の制度について理解を深める内容で、ディスカッションにより日本と自国を比較することにより、自国の課題整理に繋げることを目的としています。また、高知県内の特別支援学校や小学校、中学校を訪問し、授業の様子や学校施設等の見学を行い、日本のインクルーシブ教育及び特別支援教育の現場から体験的に学ぶことが可能となっています。
 17日には、「インクルーシブ教育国際セミナー2019」に参加し、インクルーシブ教育先進国の北欧における実践について学ぶ機会を設けました。
研修の最後には研修員がそれぞれ自国におけるインクルーシブ教育について課題整理を行ったことについて、今回の研修成果として実践するためのアクション・プランを作成し、日本での学びの成果を持ち帰りました。

 研修員からは「視察での学びは非常に大きい。自国で活用できるアイデアや戦略を学んだ」、「先生が変わっても継続した指導計画を続けられるように個別指導計画を作成し、生徒の状況の詳細を知る重要性を学んだ」といった声が聞かれ、満足度の高い評価を得られました。

 高知大学では、今後も引き続き国際研修を実施し、地域の知見を海外に発信する取り組みを続けていきます。

 

インクルーシブ教育_1.jpg
インクルーシブ教育_2.jpg
三里中学校 視察訪問 アクションプラン作成準備
インクルーシブ教育_3.jpg インクルーシブ教育_4.jpg
インクルーシブ教育国際セミナー2019 閉講式記念撮影

 

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア