【トピックス】2018年11月21日 第30回カルチャーカフェ「ガーナ編」を開催

2019年1月16日

 11月21日(水)に、第30回カルチャーカフェ「ガーナ編」が開催され、留学生19名、日本人学生17名、教職員1名、一般の方9名の合計46名が参加しました。
 今回は総合人間自然科学研究科農学専攻所属でガーナ出身の留学生Gabriel Mawuko Ahiableさんがプレゼンターとなって、ガーナの歴史、文化、教育、政治・経済などについて説明がありました。
 ガーナでは、およそ250の言語が話されており、当該プレゼンターのファーストネームは、他の現地語を話す国民には発音が難しく、似た発音の単語では意味も違ってくる為、他の地域の高校に進学した際に洗礼名のミドルネームをファーストネームに変更したそうです。
 また今回、ガーナでもよく飲まれているMILO(ミロ)と、本場のガーナチョコレートと日本で販売しているロッテガーナチョコレートを試食しました。日本のガーナチョコレートと比較すると、甘くなく、手にずっと持っていても全く溶けない本場のチョコレートに参加者は驚いていました。

 

*「カルチャーカフェ」は、国際連携推進センターの異文化理解事業の一環として留学生と日本人学生等が交流し、異文化理解を図ることを目的として開催しています。

 

MAH01518culturecafe_ghana.jpg
<プレゼンテーションの様子>
IMG_1069ghana.JPG
<集合写真>

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア