◆理工学部の本田理恵教授が参画する研究チームがまとめた小惑星探査機「はやぶさ2」観測成果論文のScience誌掲載について

2020年5月8日

 理工学部の本田理恵教授が参画する研究チームがまとめた小惑星探査機「はやぶさ2」の観測成果論文が、アメリカの科学雑誌Science電子版に令和2年5月7日(日本時間5月8日)に掲載されました。 この論文は「はやぶさ2」の第1回目の小惑星リュウグウへの着地(タッチダウン)の際に表面から舞い上がった物質とリュウグウ全体の分光学的な観測から、リュウグウ上には、赤黒く変化した物質が、変化する前の青白い物質の上に広く分布していることを示しています。これは、小惑星リュウグウが過去に現在よりも太陽に接近した軌道にあるときに太陽に焼かれた可能性を示しています。また着地の際には、両タイプの物質がサンプリングされたことが期待されることが述べられています。
 著者には「はやぶさ2」の第1回目の小惑星リュウグウへのタッチダウン当時本学大学院に在籍していた藤井祐貴さんも含まれ、本学関係者は主に画像解析を担当しました。


 JAXA(国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構)等との共同発表の内容はこちらをご覧ください。
 https://www.jaxa.jp/press/2020/index_j.html

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所