高知大学自然科学系農学部門の藤原拓教授を含む産学官連携チームが「STI for SDGs」アワードの『優秀賞』を受賞

2019年11月1日

 令和元年10月31日(木),本学自然科学系農学部門の藤原拓教授を含む産学官連携チーム(高知大学,香南市,高知県,前澤工業株式会社,日本下水道事業団の5団体)の取組が,国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が実施する「STI for SDGs」アワードで『優秀賞』を受賞しました。

1.「STI for SDGs」アワード※1とは

 JSTが実施する,科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)を用いて社会課題を解決する地域における優れた取組を表彰する制度(本年度創設)です。本制度を通じ,当該取組のさらなる発展や同様の社会課題を抱える地域への水平展開を促し,もってSDGsの達成に貢献することを目指としています。

         ※1 https://www.jst.go.jp/sis/co-creation/sdgs-award/

2.受賞した取組(詳細は別添1参照)

取 組 名:「汚水処理の持続性向上に向けた高知家(こうちけ)の挑戦 

~産官学による新技術開発と全国への展開~」

取組概要:高知大学・藤原拓教授の研究シーズをもとに,産官学で汚水処理新技術の開発を行い,香南市野市浄化センターで電力を3分の1,処理時間を半分に減少できることを実証

しました。この結果を踏まえ,香南市で本技術を2か所に導入して汚水処理に関する地域課題解決に取り組むとともに,全国各地に水平展開しました。これにより,人口減少が進む地方都市における汚水処理の持続性が向上しました。

 

3.表彰式等

 JST主催のサイエンスアゴラ 2019※2内のイベントとして,令和元年11月15日(金)午前11時30分~12時に日本科学未来館にて表彰式が行われます。また,ブース展示とともに11月17日(日)午後には,受賞団体によるピッチトークがテレコムセンタービルにて行われます。

詳細は下記リンク及び別添2を御覧ください。

       ※2 サイエンスアゴラ:https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所