大学院実践助産学課程修了生 中山絵里名さんが筆頭演者として行った発表が、コメディカル愛育賞に選ばれました。

2019年10月28日

 2019年10月11日(金)に、ヒルトン東京ベイで開催されました第60回日本母性衛生学会において、大学院実践助産学課程修了生の中山絵里名さんが筆頭演者として行った発表「乳幼児を持つ家庭における南海トラフ地震震災対策の実態-A県における生活圏別の比較-」が、コメディカル愛育賞に選ばれました。本学術集会では、優秀演題賞候補は8演題あり、すべて口頭発表で行われました。中山さんの発表は修士論文を一部加筆・修正したものであり、今後の母子保健分野において大いに発展が期待されるものとして受賞に至りました。
 なお、本大会は、「多職種で支える母性の確立と母と子の絆」をテーマに開催され、第60回記念式典では秋篠宮皇嗣妃殿下のご臨席を賜りました記念すべき学術集会でした。

 

191024a.png 191024b.png

学会理事長から賞状を受け取る中山絵里名さん           母性衛生学会正岡直樹理事長と中山絵里名さん

 

191024c.png

受賞に喜ぶ中山絵里名さんと関屋伸子教授

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所