災害記念碑デジタルアーカイブマップを公開(海洋コア総合研究センター)

2019年8月30日

 海洋コア総合研究センターの浦本豪一郎特任助教は、国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立研究開発法人防災科学技術研究所との共同研究・三次元形状復元技術を活用した南海地震津波碑のデータベース構築計画の一環として「災害記念碑デジタルアーカイブマップ」を構築し、ウェブ公開しました。

 本マップは、高知県沿岸部をはじめとして、全国各地に建立する地震災害や水害を記録した災害記念碑について,その位置や碑文の内容などの総合情報を公開する内容となっています。災害記念碑の位置は、過去の津波や洪水の到達地点を意味する場合も多く、「その場所に建てられたこと」自体に資料的価値があります。また、災害記念碑の文面は過去に発生した巨大地震や台風による被害状況を知る重要な資料となり、これらは将来発生する大規模な自然災害への警鐘を伝えるシンボルとしても機能します。

 現在、高知県、徳島県、東北地方の災害記念碑を公開しておりますが、順次コンテンツを追加し充実させていく予定です。

 過去の災害を学習する入口として多くの方々に本マップを活用していただくのが願いです。

 

災害記念碑デジタルアーカイブマップ公開ページ

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所