アメリカンフットボール部(Marine Corps)が2018年学生アメリカンフットボール中四国リーグで初優勝。全日本大学選手権に出場しました。

2018年11月7日

 平成30年10月21日(日),広島広域公園球技場にて,学生アメリカンフットボール中四国リーグ決勝戦(主催:中四国アメフト連盟)が行われました。この大会は,全日本大学アメリカンフットボール選手権の予選も兼ねており,連盟に所属する7大学のうち,優勝校が全国大会へ駒を進めます。高知大学(Marine Corps:マリンコーズ)は中四国リーグを初めて制覇し,全日本大学選手権への出場を決めました。    

 決勝戦では愛媛大学と対決しました。前半は1本ずつタッチダウンを奪い,両校相譲らず白熱した好ゲーム。後半に高知大学が得点を重ね,17対7で勝利しました。主将の伊藤央起(教育学部4年)をはじめ,堀田康介(農学部4年),志波圭輔(人文学部4年),西坂匠海(農林海洋科学部3年),川上徹也(教育学部2年)など多くの選手が堂々とした活躍を見せました。  

 高知大学は3年前には2部リーグへ降格したものの,1シーズンで1部リーグに返り咲き,今年,創部以来の悲願であったリーグ優勝を果たしました。これにより,高知大学は中四国代表として11月4日(日)に金沢市営球場で行われた全日本大学選手権で北陸代表校と対戦しました。

01.JPG 02.JPG

 

 下の2枚の写真は以下のサイトより許可を得て転載しています。

https://m.facebook.com/junichi.miyamoto3

03.JPG 04.JPG

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所