医学部紹介

医学部振興基金 医学部_看護学科HPへ 医学部_医学科HPへ 医学部公式HPへ 医学部

医学部写真

高知県の地域医療に貢献する
 近年におけるサイエンスとしての医学・医療の飛躍的な進歩は、社会全体にさまざまな衝撃を与え続けており、これに対応するためには、医学・医療に携わる個人が自ら自分自身の倫理体系を構築しなければなりません。その基盤となるのは、長時間を要して培われた、強靭な倫理的能力とバランス感覚に支えられた多面的な考察力及び問題解決能力です。  医学部では、このような能力、医学・医療に対する強い志望動機、ならびに適正を具備した人材を広い領域から発掘し、今世紀における多様な社会的ニーズに応えうる高い倫理観、使命感、ならびに思考の柔軟性を有するとともに、高知県の地域医療に貢献する強い意欲をもつ医療人の育成を目指しています

 

教育に関するポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)

 

医学部長挨拶

 高知大学医学部は、前身の高知医科大学として昭和51年に開学し、最初の医学部生を迎え入れて以来40年の時を過ごしてきました。この間、平成10年に看護学科を開設し、医師及び看護師・保健師・助産師を養成する医育機関として、平成29年度末までに医学科3,374人、看護学科1,153人を育ててまいりました。平成15年に旧高知大学と合併、平成16年に国立大学の法人化を経て、国立大学法人高知大学医学部となり、現在に至っています。
 高知大学医学部が受け継いできた、前身である高知医科大学の建学の精神、「敬天愛人」「真理探究」は、天に対する畏敬の念を常に保ち、医療人として真理を探求しつつ、目の前の患者さんを慈しむという意が込められている言葉です。人としての姿勢と科学者としての姿勢をともに備える医師を育てたいという願いが込められています。この二つの言葉は、人間の持つ心と体のように医療と医学が表裏一体となって、始めて実現しうる医師の目指すべき姿を指し示しているように思われます。
 医療は、科学である医学と患者さんに対する人間としての姿勢を含めて、始めて医療となります。このことをウイリアム・オスラーは “The practice of medicine is an art, based on science.”「医療は科学に基づくアートである」と表現しました。国立大学法人である高知大学医学部は、アートとサイエンスである地域医療と先端医学の二つを同時に担うことを求められています。地域医療と先端医学は、一見、相容れないように見えるのですが、目の前にいる患者さんに医療人として持てる全てを投じて対し、その医療が最新且つ先端の医学知識と技術に裏付けられていることこそ、私たちが実現する医療です。そして、目の前の患者さんに対して、最善の治療を行っていく蓄積の中で、真の臨床的疑問が生まれ、医学研究の種が生まれていくのです。医学と医療の発展には、互いの切磋琢磨が必須であり、それを進める場が医学部であり、附属病院であるということができます。
 最先端の研究を行っている研究者からなる先端医療学推進センターは医学部の精鋭を集めていますが、2年生から4年生までの学生が、リアルな研究の場で医学研究を体験的に学ぶことができる先端医療学コースとして希望者を受け入れてきました。教育のために用意された研究体験ではなく、新たな知を生み出す医学研究の場に身を置くことで、見えてくるものがあります。自分達が将来行う医療がどのような科学的な根拠を持っているのかを学ぶことは必須ですが、その根拠をどのようにして生み出していくのかを学んだ医学生は、医師となり、様々な医療の限界に直面する中で、現状を打破できる新たな医療技術を開発すべく、新たな知を生み出そうと大学院に戻ってきてくれています。臨床研究を含めて地域医療の課題を解決するツールを学ぶことの出来るMPH(公衆衛生学修士)コースと先端医療学コースから繋がるMD-PhDコースが、未来の医療を変えていく指導者達を養成していきます。
 全国的にも有名になった家庭医道場は、人々の生活の場に近いプライマリケアといわれる一次医療、地域中核病院で行われる二次医療、医学部附属病院で行われる三次医療がどのように連携しながら、地域住民の健康を守っているのかを学ぶ場を提供しています。人間を診るアートとしての医療を提供する場は、プライマリケアから高度医療まで様々ですが、あらゆる専門分野の研修が可能な医学部附属病院を核とした研修プログラムで、それぞれの場で人間に向き合うことのできる医師を養成しています。
 第一期生を迎え入れてから、早40年。高知大学医学部は成熟期を迎えようとしています。高知大学医学部は、医療を支える人材を育て、先端医学に根ざした新たな医療を創り出し、地域医療を通して世界の人々の健康問題を解決してまいります。


医学部長  菅 沼  孝 一 

 

医学科長挨拶

 高知大学医学部は、1978年に第1期生が入学してから(当時は国立高知医科大学)40年目の節目の年を迎えました。
 この間、全国医学部の卒業前、卒業後の教育システムにいくつもの大きな変更がありました。1991年には、日本の大学の在り方が大きく変わることとなった『大学設置基準の大綱化』により、従来の『教養科目』、『専門科目』の区別がなくなり、医学部でも、それまでの『医学進学課程』と『医学専門課程』の2つの課程をなくして、6年間一貫の教育システムへ変更されました。その後2001年には、初の全国医学部共通カリキュラムとして『医学教育モデル・コア・カリキュラム』が作られ、医学生のより効率的で質の高い学修の達成のために、これまで3度改定されています。また、2005年には、この共通カリキュラムの元で学修した学生に対して、病院実習前の能力を確認するために、全医学生(大部分の大学では4年生)を対象にした、共用試験(知識と実能の確認試験)が始まりました。元々医学部の学生は、全学年で厳しい進級試験があり、病院実習でも多数の部門で評価を受け、卒業直前の膨大な臨床科目の卒業試験の全てに合格し、その後最終関門としての『医師国家試験』にも合格してはじめて医師として巣立っていくという、非常に特殊で厳しい大学生活を送っていますが、それに加えて全国共通の共用試験を受けて更に高い能力が求められることになりました。これらは全て、めまぐるしい医学の進歩と複雑化する社会からのニーズに対応するためであり致し方ない流れではありますが、今の医学生達はこれによく耐えて、日々膨大な学修量をこなしています。2004年には、今度は卒業後の臨床医としてのトレーニングの充実を目的とした『新臨床研修医制度』がスターとし、質の高い医師養成のために大きな役割を果たしています。
  これらの厳しい学部教育、卒後教育を経て育った医学生や研修医の知識・技能のレベルは非常に向上してきています。しかし一方で、昔は当然行われていた一般教養教育については質・量共に不十分であり、また学生自身も教養を身につける積極性が低下しています。将来臨床医となった時に接することになる多くの患者さんには、ひとりひとり異なる人生の背景があります。特に近年、情報化社会の発展により、個々の患者さんの知識レベルも高くなっています。そのような患者さんとのコミュニケーションのためには、医学のみの知識・経験だけでは、明らかに不十分であり、社会人としての広い教養が必要となります。
  膨大な医学知識の情報が氾濫し、これを処理して身に着けるだけでも大変な医学部生活ではありますが、やはり文化的な趣味含めて、十分な教養や倫理観を持った良き臨床医に育ってもらいたいと思いますし、大学としてもそのサポートをしたいと考えています。

(文中の『学修』について、現在の大学教育では、習うという意味の『学習』ではなく、自ら身につけるという意味で『学修』と使います)

 

 
医学科長   高 田  淳

 

看護学科長挨拶

先駆的な気風にあふれた高知で、
新しい時代の看護職をめざしましょう!

看護学科長  本看護学科のある医学部岡豊キャンパスは、四百年前に四国を統一した長宗我部氏の居城があった岡豊山の麓にあります。目の前には土佐日記の作者である紀貫之が千二百年前に船で渡ったと言われる国分川があり、大変歴史深い地です。今は岡豊山に城はなく、城趾からは遠くに太平洋が臨め、春にはたくさんの桜が咲くとてものどかな地ですが、少し歴史の歯車がずれていれば、四国の中心地になっていたかも知れません。

 幕末から明治の始め新しい時代を切り開く多くの人物が出た高知には先駆的な気風があふれていました。その伝統は高知大学にも引き継がれています。医学部附属病院は開設の1981年に日本で初めて、世界的にも先駆的にITを本格導入しました。大学院の看護学専攻では、国立大学で初めて助産師の育成課程を平成23年にスタートさせ、地域社会が必要としている高度な実践力をもつ助産師育成を行っています。

 日本の社会は人口構造が大きく変わり、必要とされるヘルスケアも変わって来ています。今後病院で働く看護師は大幅に減り、在宅医療を支える看護師が多く必要となります。本看護学科では、これに対応するため在宅で患者の容体急変や療養管理等ができるより高い看護実践力のある看護師を育成するカリキュラムを平成24年度から導入しました。

一方、保健師の需要は人口減少の中で減ることが予想されており、各大学とも保健師育成人数を抑えており、本看護学科でも保健師国家試験受験資格を取得できるカリキュラムを選択できる学生は平成28年度から入学定員の半数に抑えています。また、平成24年度から養護教諭や高校看護科教諭の資格を取得できるカリキュラムを選択した学生には、保健師育成カリキュラムの並列選択を認めず、教諭に求められる能力をより高めるよう指導しています。

 社会の変化と共に、医療技術も日々進歩しています。看護職はその進歩に対応できなければなりません。そのためには常に学び続けることが必要です。また、看護職の大きな使命として人々の「生きる」ことを支えることがあります。人を支えるためには、豊かな人間性と高い倫理観を身に付けなければなりません。そのような努力ができる人を求めています。

 私たち教員は、医療職に不可欠なコミュニケーション力、表現力、協働力、問題解決力を身につけ、高い看護実践力を備えた看護職を社会に送り出したいと願っており、看護職を志す皆様が本看護学科に入学されることを心から待望しています。

 

看護学科長   栗 原 幸 男




大学院(修士課程)医科学専攻

目 的
 近代医学は,生物学・物理学・化学・工学などの自然科学の進歩の成果を結集して発展してきました。さらに現代,医学はゲノムサイエンス・分子生物学・発生生物学(発生・分化・再生)などの生命科学の成果をもとに目覚しいスピードで発展し,遺伝子療法・再生医療・生殖医療などの今日の先端医療を形成しつつあります。他方,先端医療の進歩による脳死・臓器移植・体外受精・遺伝子治療と生命倫理との調和,超高齢化社会の到来による疾病構造の変化,患者のQOL<Quality of Life(生活・生命の質)>の重視など,医学・医療を取り巻く社会環境は大きく変革しています。この急速に発展する医学・医療に的確に対応するためには,自然科学および人間主体の人文科学と医学の調和をめざした医科学(Medical Science)の発展・充実が望まれます。このことにより,今後,ますます複雑化する医療・福祉などの社会的諸問題を包括的に捉えうる専門家の育成が可能となります。そのため,自然科学系学部(理学,農学,薬学,工学など)のみならず人文学系学部(心理学,社会学,経済学,教育学など)を含む医学部(医学科)以外の学部卒業者を,医科学へと導く教育・研究システムが必要です。
 本医科学専攻では,医学部(医学科)以外の出身者を対象に,医科学に関する幅広い知識を体系的,集中的に教育することにより,高度に専門化した知識と技術を身に付けた医科学分野の研究者・教育者を養成し,さらに社会的諸問題について医科学を基礎として包括的に捉えうる人材を育成しようとしています。

大学院(修士課程)看護学専攻

 本学修士課程看護学専攻では、その設置理念・目的に基づき、次のような人を求めます。

  1. 社会性と倫理性を身につけ、有能で、豊かな人間性をもち、看護探求に意欲のある人
  2. 質の高い看護を提供できる看護専門職の育成という社会要請に応える意欲がある人
  3. 看護研究を支える種々の看護学の基本理論、実践技術を一定レベル修得しており、論文作成などの一連の学習を意欲的に取り組める人
  4. 保健医療の臨床・教育分野で活躍しており、看護専門職として積極的な向上心がある人
  5. 十分なコミュニケーション・スキルを有し、多様な人と共同できる人

 

大学院(博士課程)医学専攻

 総合人間自然科学研究科医学専攻(博士課程)では,高い倫理観と豊かな人間性の涵養ならびに高度な医学的知識と技能の習得を教育理念とし,黒潮圏総合科学専攻,応用自然科学専攻との緊密な連携の下に,両専攻における自然科学と人間科学のパラダイムをも取り入れた教育研究体制を構築することにより,高知県の地域特性に根差した医学・医療の推進に寄与できる人材,国際的に通用する優れた医学研究者,リサーチマインドを持つ優れた臨床専門医(良医)を養成し,多様な社会的ニーズに対する柔軟な対応が可能で,底辺が広くレベルが高い医学研究および医療の達成を目的とする。

〈→ 更に詳しく見る〉

研究者紹介

下記より研究者一覧がご確認いただけます。

医学部

医学部附属病院

また、高知大学研究者総覧のページでは、名前・研究内容からも検索することができます。

高知大学医学部 公式HP

医学部に関する詳しい情報は下記アドレスにて案内しています。

公式HPへ(http://www.kochi-ms.ac.jp/)
医学科HPへ
看護学科HPへ

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮

☎088-866-5811(代表)

 

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

学部のご紹介

土佐さきがけプログラム

共通教育

大学院のご紹介

AED設置場所