平成30年度高知大学AP事業シンポジウム「卒業後につながる学びの質保証~求められるコンピテンシーとは~」

2018年12月7日

 平成30年度高知大学AP事業シンポジウムは、平成28年度に採択された大学教育再生加速プログラム テーマⅤ「卒業時における質保証の取組の強化」の取組で得られた成果について、全国の大学・短期大学・高等専門学校等に広く情報発信することを目的に実施します。
 今回は、教育におけるコンピテンシー研究の第一人者である京都大学の松下佳代氏、経済産業省の川浦恵氏、文部科学省の河本達毅氏をお迎えし、大学が取り組んでいる卒業時の質保証と産業界が求める人材について議論する予定となっております。先着順ですのでお早めにお申し込みください。多くの皆さまのご来場をお待ちしております。
 詳細は別添チラシをご覧ください。

 シンポジウム参加の申し込みはこちら(申込フォームが開きます)

平成30年度AP事業シンポジウム.pdf(1.02MBytes)

【 日 時 】 2018年12月7日(金)12:00~17:30 (受付11:30~)
【 場 所 】 高知市文化プラザかるぽーと小ホール(高知市九反田2‐1)
【 参加費 】 無料
【 対 象 】 高等教育機関関係者、企業関係者等
【問い合せ先】

高知大学学務部学務課教育支援室教育企画係

Tel:088-844-8143/088-888-8018

Mail:kochiap●kochi-u.ac.jp (●を@に変えて送ってください)

【 参考PC 】 高知大学AP事業ホームページ シンポジウム案内
平成30年度AP事業シンポジウム.jpg

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所